こんなお悩みございませんか?

① 脳梗塞や小脳疾患の後遺症で体にこわばりがある
② パーキンソン病で、筋肉が硬くなってしまっている
③ 認知症があり、有酸素運動の機会が欲しい
④ 手に痺れがあり、手のリハビリがしたい
⑤ リハビリに関する相談相手が欲しい

脳梗塞リハビリLab栃木・茨城では、あなたのお体の動きの不調に対して、脳梗塞・パーキンソン病・認知症など疾患別のプランを基礎に、腕の可動域を増やしたい・スポーツがしたいといったあなたのご要望に沿える形でオーダーメイドにリハビリプランを作成し、改善に向け徹底的に支援致します。

コースのご案内


脳梗塞リハビリLab栃木・茨城ではご利用者様お一人お一人にあわせたプログラムをご提供しております。
コース内容の一例をご案内致します。

疾患別プログラム

脳梗塞プラン
パーキンソン病プラン
認知症プラン
骨折プラン 等

お悩み別プログラム

腕・手が動かない
足があがらない
痺れがある
言葉が出ない

医師の推薦


整形外科医 吉川勝久先生(小山市出身・獨協医科大学卒)

脳血管障害は患者様のADL(日常生活動作)を低下させ、生活の質を落とす重大な疾患です。その後遺症である麻痺、しびれ、脱力、平均障害などに対し、リハビリを根気強く続けることは大切なことだと思います。
診療報酬の影響から病院では入院期間が短縮してきています。リハビリを継続したいと思う方にとって自費リハビリ施設は新しい選択肢になると期待しています。

脳梗塞リハビリLab栃木・茨城の
Facebook・Instagramはこちら


経験豊富なセラピストが施術いたします。

Instagramウィジェット

Facebookウィジェット